面接時に大切にすること

面接官に好印象を与えるには

就職活動をするにあたって、面接は必須になります。面接を通して、その人の人となりが分かります。無理をして自分を良く見せようとしても、ボロか出てしまいます。まずは基本的なことをしっかり出来るようにしておくべきです。当たり前のことですが、ハキハキと大きな声で受け答えをしたほうが好印象を与えます。面接官が聞きとり易いように、早すぎず遅すぎない早さで話します。緊張感して早口になってしまったり、語尾があやふやになって聞き取りにくいことが良くあるので気をつけるべきです。

また、面接官に対して好印象を与えるには、面接官の目を見て話すと良いです。目が泳いでいたり、よそ見をしているようでは熱意は伝わりにくいです。緊張していると、なかなか相手の目を見れなかったりもしますが、見ることによって面接官の反応が良く分かりますし、誠実さも伝わるでしょう。次に、面接を受ける際の姿勢もポイントになります。下を向いたり、猫背でいると自信がないように見えますし、足をブラブラしたりすると落ち着きがないように見えてしまいます。また、顔の表情も大切な要素です。面接官に明るい印象を与えますし、自分自身も緊張がほぐれます。特に接客業ではかなり重要な要素です。

Copyright (C)2018面接時に大切にすること.All rights reserved.