面接時に大切にすること

グループ面接について

就職をする際、面接は選考をする際に最重要視されるものとなっています。求職者の人となりだけでなくて、業務適正についての判断材料となるからです。面接ですが、学生の就職試験の場合、グループインタビュー形式で行われることが多いとされています。グループインタビューとは、面接試験の際に求職者が二名以上で面接を行うこととされています。この方式は、企業側が選考の初期段階で面接の手間を省くために行うものとされており、学生の就職面接以外でも企業が求人での選考に採用をしていることが在ります。

グループインタビューですが、複数人数で行う場合であっても面接担当者は個々の求職者を観察しています。自分の出番が終わったからといって気が抜けない選考試験としても知られています。グループインタビューでは、他の応募者の話を傾聴しているかどうかが求人者が気にしているとされています。単に傍観者となるだけでは意味が無く、傾聴をしているかどうかは求人者の話を聴いているかどうかということにも直結することがあるからです。無関心であっては採用され難くなってしまうため、傾聴姿勢でいられるかどうかは重要視されます。

集団面接をする際、三人以上の応募者がいる場合は真ん中の席に座った方が良いとされています。真ん中に座ると、求人者にとっては目立つ存在となるために熱意が感じられるものとみなされることがあるからです。真ん中に座った場合、どうしても個々の面接担当者はその人に注目しがちとなるでしょう。目立つ位置に座ることはかなり有利となることが少なくないようで、集団での面接に勝つためのメソッドとしても有名であるとされています。集団面接においては、三人以上で行う際は真ん中に座ること、他の応募者の話は参考となることもあるので傾聴をしておくこと、が大事となります。また、集団面接であっても、個々人の動作については面接担当者は細かく観察していることを意識しなければなりません。動作についても気を配り、好印象を与えるように心掛けが出来れば問題は無いでしょう。

Copyright (C)2018面接時に大切にすること.All rights reserved.