面接時に大切にすること

就職する上での面接の種類

就職活動するにあたって、履歴書などの書類が通ると次は面接になります。大手企業や人気の企業では、面接する回数も多い傾向にあります。書類だけでは分からないその人の個性などを、面接を通して見ていきます。通常の面接は個人面接が多いです。面接官が一人もしくは複数に対して、面接を受ける側は一人というスタイルです。選考が進むにつれて、面接官の役職も部長、社長へと上がっていきます。中途採用や中小企業の場合、初めから社長がいる最終面接という場合もあります。面接者一人に対して掘り下げて質問するので、面接時間も長くなることがあります。

次に集団面接があります。面接官に対して、面接者が4、5人位と複数で行います。大企業などで、求人の応募が沢山ある場合に一次選考として使われる場合が多いようです。個人面接と違って周りの面接者と比較され易いので、落ち着いて面接官の話を聞いたり受け答えすることが必要とされます。そして、グループディスカッションという面接方法もあります。こちらも、大手企業で一次選考として使われることが多いです。1グループ4?8人位で、あるテーマに沿って討論します。話を進めていくだけではなく、相手の話しをきちんと聞いているか、協調性があるかなども見られています。

Copyright (C)2018面接時に大切にすること.All rights reserved.