面接時に大切にすること

面接を受ける場合に大切な心構え

面接を受ける場合に大切な心構えは、自分の強みだけを全面にアピールし過ぎないことです。採用されたい気持ちが強くなってしまうと、自分の強みをアピールし、普段とは異なる自分で面接に挑んでしまうことがあります。仮に採用されたとしても、普段とは異なる自分で採用を受けてしまったということで、面接における自分の姿で働くことになってしまいます。それを考えると、面接は素に近い自分を出す方が採用されて働き始めた時は、気持ち的な部分は楽になります。ですから、採用後のことを考えると、面接では強みだけをアピールするのではなく、弱みについてもきちんと伝えることが大切です。

また、面接で良い印象を与えたい気持ちが強くなってしまうと、誇張した自分をアピールしてしまう場合があります。誇張した自分で採用されてしまい、いざ入社して働き始めた際に、働きぶりから誇張が本当ではなかったと周囲に見つかってしまうと、働き辛くなってしまいます。企業側としても、採用した人材にはきちんと勤務してもらいたいところです。ですから、面接で誇張した自分になってしまうことは、応募者と企業の双方にとって有益とは言えません。あくまでも本当の自分で面接を受けることが重要です。

Copyright (C)2018面接時に大切にすること.All rights reserved.